骨折のリハビリ


骨折のリハビリ

骨折をしたら、まずは整形外科で正しい治療を受けますが、たいていの骨折の場合はギブスをはめたりする事もあり、正常な生活に戻るまでに時間がかかり、「ハイ治りました。ハイ通常の生活!」とはいきません。
そこで、通常の生活へ戻る為にリハビリが必要となります。
そもそも整骨院では骨折はメインとなる対象となります。柔道整復師はの治療対象は骨折や脱臼がメインとなります。
ですが、骨折直後は整形外科でレントゲンを撮ってもらい正しい治療を受けて整骨院などでリハビリを受ける事をお勧めいたします。

なぜ骨折をしたらリハビリをしなければならないのか

上でも書いた通り、骨がしっかりくっついたらすぐに通常の生活にもどれるとは限りません。骨折やギブス固定により体の動きを長期間制限される事で骨折した部分やその周りの筋肉や関節なども動きづらくなる為いきなり動かせなかったり、動かせないまま固定してしまったり、逆に痛みが残ってしまう事があります。これらを出来るだけ軽減させる為に、出来るだけ早く通常の生活へ戻る為にリハビリが重要となってきます。もちろんリハビリ無しで通常の生活へ戻れることもありますが、少なからずとも影響は出てしまう事が多くあります。

いつからリハビリをするべきか

以前では、ギブスが外れたらリハビリを開始する事が多かったですが、最近では、ギブスをはめていても、ある程度骨折部分が安定してきた早めの時期から、その周りの筋肉や関節部分もしくは身体全体の可動域を広げるようにリハビリを開始する事が多くなってきています。
良く言うように、素人判断で行うのは後遺症を残してしまうなどの危険性が伴う可能性があるので、整骨院などの専門家にお願いする事をお勧めいたします。

どんな事をするのか

もちろん、骨折の状態や患者様の状態により変わってきますが、整体・温熱治療・電気治療・鍼灸治療・ストレッチなどが主になります。
関節など、ある程度の可動域が元に近くなってきたら、筋肉を付けるような適切な運動を行います。

できるだけ早く元と同じ状態へ戻り通常の生活へ戻る為にリハビリをぜひお勧めいたします。

タグ