柔道整復師


柔道整復師

整骨院には基本的に柔道整復師という国家資格を持った人がいます。
今回はその柔道整復師について説明させていただきます。

柔道整復師とは

柔道整復師とは、高校を卒業して厚生労働省に認可された養成学校へ3年以上通うか文部科学省で指定された大学で4年間学ばなければなりません。そして卒業した後に国家試験に合格する事で初めて柔道整復師になる事ができます。

柔道整復師養成学校

昭和47年文部省・厚生省令第2号にて定められた柔道整復師学校養成施設指定規則をもとに設立した学校です。
3年まはた4年制専門学校、3年制短期大学、4年制大学があり、高校卒業またはそれと同等の資格者が入学する事ができます。
卒業時には認定実技審査を受けなければなりません。また、臨床実習も必須ですが、どこででも実習できるという訳ではなく柔道整復師学校養成施設指定規則に定められた施設でのみ実習が行えます。
学校では、解剖学、生理学、病理学、運動学、衛生学、公衆衛生学などの基礎系科目や柔道整復理論、柔道整復実技、関係法規、リハビリテーション学、外科学などの臨床系専門科目を学ばなければなりません。
学校の卒業だけでは柔道整復師にはなません。学校を卒業した後に年に1回しかない国家試験を受けなければなりません。学校の卒業はあくまでも国家試験を受ける資格を得られるだけなのです。
この国家試験に合格してはじめて柔道整復師となることができます。国家試験なので厚生労働大臣免許となります。
よく聞く整体師というのは国家しかくである柔道整復師とは違い、民間の資格です。

柔道整復師が行う事

柔道整復師は、負荷がかかったことなにどより損傷した骨・関節・筋・腱・じん帯などに対して、手術をしない「非観血的療法」により整復・固定などの人間の持つ治癒能力を最大限に発揮させる治療・施術が行えます。例えば転んだ時の骨折や脱臼、運動のし過ぎなので起こる打撲や捻挫などへ施術することができます。また、柔道整復師の国家資格があれば、特別養護老人ホームやデイサービスセンターなどのような介護施設や自宅で、リハビリをする機能訓練指導員として働くこともできるため、整骨院だけでなく、介護やリハビリ施設でも働くことができます。
柔道整復師の施術は大きく「整復法」「固定法」「後療法」の3種類の手技です。

  • 「整復法」: 骨折しした部位を元に戻したり、関節が外れた部位を元に戻す手技です。
  • 「固定法」: 骨折や脱臼した場合にギプスや三角巾などで負傷した部位を固定する手技です。
  • 「後療法」: 損傷した部位や組織を回復させる手技です。

柔道整復師と保険

柔道整復師の整骨院は医療機関ではないのですべての治療・施術に保険が効くわけではありません。
骨折や脱臼・打撲・捻挫などのいわゆる怪我の治療に関しては保険が適用されます。骨折や脱臼の場合、応急処置を除いた治療・施術に関しては、整骨院などの医師の治療後でかつ同意が必要となります。
骨折や脱臼の場合は必ず医療機関の診察を受けてください。
逆に、肩こりや疲労回復などの場合は保険は適用されず全額自己負担となります。
他に仕事中や通勤途中での骨折や脱臼で労働災害保険の適用となります。
保険適用の場合は、基本的に患者が全額を一旦支払い、後に健康保険組合に支給申請をし自己負担分3割以外の7割分の還付を受けます。一部の整骨院では医療費の支給申請を患者から委任された事を条件に整骨院側から申請できる場合もあります。この場合、患者は自己負担分の3割分のみ支払いすれば良い事になります。しかしこの場合療養費支給申請書に署名捺印が必要となります。この時に記載されている治療・施術内容は必ず確認してください。

タグ