整骨院での保険適用


整骨院での保険適用

整骨院での治療では、柔道整復師の施術や鍼灸やマッサージのどちらでも保険が適用できる治療があります。
ケガなどやリウマチなど慢性的な疼痛を主症とする疾患や医療上マッサージを必要とする症状の場合です。
日常生活からくる単なる肩こりや、筋肉疲労などに対する治療には保険は適用できません。
適用を受けるためには、あらかじめ医療機関での診察を受け医師の同意書や診断書が必要な場合があります。
急性の捻挫や打撲の場合には医師の診断が無くても保険が適用できる場合がありますが、長期の施術になったり、多くの部位の治療となるときは、別途と続きが必要となる場合があります。ですので、基本的には医療機関で医師の診察を受けた上で整骨院へ行き治療する事をお勧めいたします。
整骨院の看板に「各種保険が適用できます」などの文言が掲げられている事がありますが、全てが全て保険適用になるとは限りません。

保険適用分の請求

治療費は、患者が一旦費用全額を支払い、保険者へ請求を行う「償還払い」が基本ですが、整骨院(柔道整復)は、患者が自己負担分を支払い、柔道整復師が患者の代わりに保険者へ残額を請求する{受領委任」ができます。

保険適用のその他条件

整骨院で保険適用とする場合、その整骨院にも条件があります。
あん摩マッサージ指圧師などの国家資格保持者が行えます。また、その人が出来るのは症状の改善を目的とした医療マッサージです。
国家資格なので民間資格などでは保険適用は出来ません。

領収書の発行

よく言われている事ですが、上記「受領委任」の場合、間違った請求などを防ぐためにも、必ず領収証を発行してもらうようにしてください。

参考文献: 「厚生労働省-柔道整復師等の施術にかかる療養費の取扱いについて

タグ