捻挫について


捻挫について

転んで足首をひねったりして捻挫する事がありますね。足首が多く大抵の方が経験した事があるのではないでしょうか?
そんな捻挫について今回はお話しさせていただきます。

捻挫とは

骨と骨をつなぐ関節周りにある靱帯・筋肉・腱などがなんらかの影響で通常以上に伸ばされて、伸びたままになったり切れてしまっている状態です。
ひどい場合は脱臼や骨折を伴う事もあります。
一般的には足首での発症が多いですが、関節で起こる事なので、身体中で捻挫は起こる可能性があります。
症状としては、腫れ・痛み・内外出血・発熱を伴う事があります。
内出血がある場合は、靱帯の一部が切れている可能性もありますので、出来るだけ早く医療機関で正しい診察を受けてください。
捻挫には重度があり、痛みや腫れの場合から靱帯切断まで大きくは3段階に分けられています。
治癒までの期間は、基本的に年齢が若ければ若い程短い期間で治る可能性が高いですが、個々人でも変わってきます。大まかには3週間が目安と言われています。

整骨院でのリハビリ

捻挫をして初期は重度により固定したりもします。固定とまでは言わなくても、サポーターなどを使って保護や患部のサポートをしてやる事もあります。
大抵は、3週間も経過すると、痛みや腫れも引いて通常の生活が可能となってきます。ですが、治療期間中は動きを制限されたりしているので、関節の可動域がが怪我以前より狭くなっていたりする事がありますので、いきなり動かすと二次的被害が発生する可能性があります。そこで、整骨院の柔道整復師の出番となります。柔道整復師は、狭くなった関節の可動域を広げたり動きを滑らかにしたりする事ができます。
まれに、3週間以上経過しても痛みが残ったり、腫れがひかない場合があります。その場合は、捻挫をした患部の周りや身体の他の部位が影響している可能性があります。治療中の動作制限による影響などが考えられます。そういった場合も柔道整復師が確かな目で確かめて患者さんに合った方法で完治を目指してくれます。
いち早く治したい場合は、必ず専門家の指示に従ってください。素人考えで判断してしまうと、二次的三次的影響が出てしまう可能性があります。
診察もリハビリも専門家に診てもらいましょう!

タグ