交通事故に遭った時の治療などの流れ


交通事故に遭った時の治療などの流れ

どなたでも交通事故に遭われる可能性はあります。
では、実際に事故に遭われたときの流れは分かりますか?
先日も、お客さまからも聞かれましたので、細かくご説明させていただきます。

事故に遭ったら

まずは、ケガの状況を把握する事と必要に応じて救急車を手配するなど緊急処置の準備をします。
基本的には事故を起こした人が率先してやるのが本来ではありますが、大抵の方は事故を起こすとパニック状態になる事が多く、何をしていいか分からない状態になる事が多いので、ケガの状態によりますが、事故に遭われた方がもし連絡をしたりする事ができるのであれば、手配をしてください。もちろん周りにいる方にお願いする方法でも構いません。次に、必ず警察に連絡をして現場検証を行ってもらってください。これをやらないと後から保険が使えない可能性がでてきてしまいます。事故を起こした方が保険を使わなくても大丈夫であれば良いかもしれませんが、ほとんどの場合はそれは難しいでしょう。ですので、必ず警察連絡してください。
この連絡も、当事者でも周りの方でも構いません。

病院でケガの診察

ケガの大小にかかわらず、必ず病院へ行き診察を受けてください。
事故に遭われた方自身がその時は大丈夫と思っても、後から問題が発生する事があります。そういう事も含めて必ず病院で診察を受けてください。
病院では診断書を発行してもらいましょう。これも後々の保険適用の為でもあります。
救急車を使用する場合は、隊員の方々に任せるとして、そこまでもない場合などは整形外科をお勧めいたします。
大きな病院へ行けば、いろいろな科があるので相談の上最適な科で診察を受ける事も安心です。
沖縄の那覇でしたら、那覇市立病院・沖縄赤十字病院、沖縄協同病院、大浜第一病院、大道中央病院などがあります。
先にも書きましたが、自覚症状がなくても必ず病院で診察を受けてください。むちうちなどは後から症状が出てきたりするからです。
症状が出てから診察を受けても、事故との因果関係の証明が難しくなってしまう事もあります。そうなると保険も適用されず、自費での治療になってしまう可能性も出てきてしまいます。
救急車を運ばれた場合などは、大抵はそのまま入院となる事が多く、シッカリと診察してもらいましょう。その場合の費用は事故をおこした方の保険会社が支払いしてくれるのが一般的です。

入院が必要かどうか

入院が必要な交通事故の場合は重症の場合がほとんどです。もしくは検査入院などの場合です。
入院期間の長さが慰謝料へ影響を与えますが、慰謝料を上げるために余計に入院する事はほぼ出来ないでしょう。
医師の判断に従い入院退院を行ってください。
入院が必要でない場合は、少なくとも数回は通院での診察・治療を受ける事となります。
通院する場合は、その病院が必ず自宅に近いとは限りません。遠い場合は、転院の手続き(紹介状)を取りましょう。その手続きには、保険会社へも通知する事も含まれます。それを怠ると転院後の治療費が支払わられなくなる可能性がありますのでお気を付けください。

シッカリ治すために

通院となった段階で、治療と合わせてリハビリとして、整骨院へ通う事をお勧めいたします。
もちろん医師に確認の上、了解されてからにしてください。体が動くからなどと個人の判断で整骨院へ通い始める事は止めてください。自分では治ったと思っても医師からしたらまだ治っていない場合がありますので、あくまでも医師の指示を受けてください。
最終的に医師から症状固定の判断をもらうまでは整骨院へ行きながらも病院での診察は受けてください。
症状固定とは、治療をこのまま続けてもこれ以上の改善が望めず、症状の変化が無くなった段階を言います。これは、完全に治った場合もそうですし、そうでない場合もあります。
そうでない場合は、いわゆる後遺症が残った状態です。この症状固定と判断され後遺症が残った場合は障害の等級認定を受け、明確に後遺障害となります。

保険の適用

治療費としては、事故発生時から症状固定判定までの治療費が一般的に支払われるようです。その他に休業の損害、入院通院の慰謝料などが支払われます。
症状固定以降に関しては後遺症部分として逸失利益分の補填、後遺障害慰謝料、その他重度の場合は介護費などが保険の対象となってきます。
保険の支払いについては、基本的に示談が成立すると数日から1週間程度で支払われる事が多いようです。それ以上の期間支払われない場合は、保険会社へ問合せしてみましょう。
示談に関しては、弁護士を利用する事も可能です。通常示談に対して保険会社が示談金額を提示してきますが、保険会社もビジネスですので低い金額を提示してくることがあります。それを回避するには経験の多い弁護士を使う事があります。弁護士を利用する場合は、弁護士費用が掛かります。
保険を適用するには、最初に書いた通り、事故発生時に必ず警察へ連絡し現場検証を行ってもらった上で保険会社へすぐに連絡してください。
小さな交通事故でもいろいろな事に対応しなければならなくなりますし、怪我を負うと一生の問題になる事もあります。
まずは交通事故に遭わないよう日頃から気を付けましょう。もちろん運転する人はなおさらのことです。

タグ