「むちうち」と整骨院


「むちうち」と整骨院

「むちうち」とは

交通事故や首に大きな負担や不自然な負担がかかることで発症する症状です。
頚椎捻挫型やバレリュー症候群型が主となり、首が痛かったり、回せなくなったります。場合によっては背中まで痛みが出る事もあります。
すぐには痛くならない場合もありますので、「あまりいたくないから平気!」などと自己判断するのはお勧めできません。

まずは診断

必ず整形外科などで医師の正しい診断を受けましょう。
例えば、交通事故の場合は保険を使う事になると思いますが、その場合には医師の診断書が必要となります。

次に適切な治療

手足の捻挫と違い、むちうち(首の捻挫)は症状が軽くても、適切な治療を受けないと、治癒までに時間がかかったり、治癒できずに後遺障害として残ってしまう可能性もあります。
後遺障害となった場合は、それなりの庇護を受けられますが、首が痛い・首が動かないが一生続くのは非常に辛く不自由するので、はやり適正な治療を受ける事をお勧めいたします。
治療の内容は、症状や医師の診断内容により変わってきます。
最初の診断を受けた病院での治療だけでは難しい場合が多々あります。その時に整骨院を頼る事となります。
発症当初は炎症を起こしている状態が多いので、その場合は無理に動かさず、冷やすことで炎症を安静化させます。
炎症が治まったら、こんどは適正な場所の筋肉をほぐし温めながら鍛えていきます。これをセフルケアなどと自分でストレッチなどを行ってしまうと、かえって悪化させてしまう事がよくあります。やはり、整骨院へ行きプロの手技に頼るのが完全治癒に一番近いです。

痛みが無くなった=治癒 ではない

かかるお金をセーブしたいのも、行くのが面倒なのも 気持ちとしては分かりますが、痛みが無くなったからと言って治癒したとは言えません。
その時その時の状態に合わせて整骨院の先生と相談して、通う回数を減らすなりしましょう。自己判断で通院を止めるのはお勧めできません。

交通事故の場合

軽い接触だからと言って自己判断せず、必ず直後に病院で診察を受けてください。
先にも言った通り、むちうちなどはすぐに発症しない場合がありますので、時間が経ってからの診断では、交通事故が起因しているのかの判断が難しくなり、保険が効かない場合が出てきてしまいます。すぐに診断を受けて診断書をもらいましょう。
もちろん、交通事故に遭わないよう気を付けるのが一番です!

タグ